オンラインカウンター
破廉恥図書館 痴漢・露出 破廉恥図書館
FC2ブログ
破廉恥図書館  ネット等で見つけたHな体験談を紹介してます。掲載に不都合があれば管理人までメール下さい。ちなみに館長はリアルで変態活動してます。
06≪ 2020| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
痴漢に狙われて・・・ (痴漢の体験談)
251065-31693-98-179432-pc.jpg



偶然この掲示板を発見して、どうしてもあの日のことを告白したい衝動にかられました。
私は28歳のOLです。1か月ほど前の日曜日、郊外に住んでいるお友達に会うため、
久しぶりにバスに乗りました。始発のバスターミナルから乗車して1時間の予定。
バスの後ろ側の席に座りました。私の後から乗り込んできたちょっとヤクザ風の、
がっしりとした体格の中年の男性が、他の席がガラ空きなのに迷う様子もなく、
私の隣りに座ったんです。その日はたまたまミニのタイトスカートを履いていたので、
とっても嫌な感じでした。そしてバスが発車して5分もたたないうちに、
その人が平然と私の太ももを撫でてきたんです。突然のことでそして恐怖と嫌悪感で、
声も出せないでいると、その人が囁きかけてきたんです。
「あんたスタイルいいな。バスに乗る前から見ててあんたがバスに乗ったんで、
俺も乗ったんだ。少しさわるだけだからな」と低音の怖い声で。
身を固くするだけで何も言えなかった。パンストの上から太ももから足首のところまで、
全部撫でられて、それから太ももの内側を掴むように撫でられて…。
どうしてこんなことに…。嫌悪感で鳥肌が立ちました。そして「少し脚開けや」と言われて、
恐怖のあまり言うとおりにすると、手でミニスカートをずり上げて、
パンティとパンストの上から私のあそこを撫で始めたんです。
回りに乗客はいないし、怖くて声も出せなくて、されるがままでした。
そのうち胸もさわってきて、そして耳を舐められて「あんた、ほんとにいい女だー。
あー、たまらねーよ。俺もうビンビンだぜ」と卑猥なことを言って…。
そして「俺のち○○触れよ」と言って無理矢理私の手を…。
恥ずかしいけど、びっくりしました。ズボンの上からだけど、信じられないくらい大きくて、
そして固くて…。それを言われるままにさすったり握ったりしているうちに、
自分でも不思議だったけど、少しだけ変な気持ちになってしまって…。
するとその人が、パンティとパンストの上からクリトリスのあたりをさすりながら、



「どうだい。いいだろう。少し感じてきたんじゃないのか?どれ、ちょっと立ちな」
と言いました。「どうしてこんなことになっちゃったんだろう」と思いながらも、
とにかく怖くて、言われたとおり立ち上がると、いきなりパンストとパンティを、
膝のところまでずり下げたんです。小さい声だけど「イヤ!」と言うと、
そのまま手を引っ張られて座らされて、手であごを強くつかまれて、
「痛い目見たくなかったら、黙って言うとおりにしな。気持ちよくしてやっからよ」
と言われたので、怖くてうなずいてしまったんです。そして脚を大きく広げられて、
指でアソコをいじられて、クリトリスをつままれて…。
「ほうら、もうこんなに濡れてるじゃねーか。さあ、俺のも直接しごいてくれや」と言って、
ズボンのジッパーを下げて、上着で隠すようにあれを出したんです。初めてみるほど黒くて、
亀頭が光っていて…。本音を言うと、思わず見とれてしまって…。
手を導かれて、その熱くなったものを握りました。本当に手で握りきれないほど太くて、
そして長くて固くて…。今度は、彼が添えた手を離しても、自分から手を動かして、
ゴツゴツしたあれをしごいてしまいました。その間も、あそこを指で愛撫されて…
胸をもまれて…耳を舐められて…見た目は怖いけど、愛撫はとってもソフトで優しいの。
彼の指が私の中に入ってきた時には、もう私のアソコから、
とってもいやらしい音がでるほどヌレヌレになって…恥ずかしいくらい感じはじめて、
彼のものをしごきながら「あぁーん」と甘い声を出してしまったんです。
気がつくと、パンティとパンストがこれ以上伸びないほど、自分から大股を開いていました。
すると突然彼が私のあそこから指を抜き「さあ次で降りるぞ」と突然言ったんです。
何が何だかわからないまま、パンティとパンストをはき直しました。
彼も自分のものをきゅうくつそうにしまうと「さあ」と私の手を引いて立ち上がり、
前の方へどんどん歩いて行きます。そして二人分の料金を払って…。
あの時、どうにかすれば逃げることができたと思います。でも、何もしなかった。



←続きを読む前にポチッとお願い。
>> 記事の続きを読むのはこちらをクリック
スポンサーサイト
[PR]

2013'11'01(Fri)09:00 [ 痴漢・露出 ] CM0. TB0 . TOP ▲
電車で囲まれて・・・ (痴漢の体験談)
fgsgsg.jpg



痴漢にあった経験はありましたが、ここまですごいのは初めてです。
というかそう何度もあってもいけないとは思いますが(笑
あまりに気持ちよくて、こんな痴漢ならされてもいいかなって思ってしまった体験です。
私は友人宅からの帰りに、とある急行に乗っていました。
確か夜7時くらいだったと思います。なんとなくぼーっと立っていると、
目の前の男性がゴソゴソと動いている事に気が付きました。
特に意識してなかったのですが、ふとその男性の周りを見てみると、
多分その時は3人だったと思います、どうやら女の子を囲んでいるようでした。
そして10分くらい経ってから、私の腰のあたりをまさぐる他人の感覚にはっとしました。
一度止まった駅での乗降の間に、いつしか私が先程の女の子のいた場所に立っていたのです。
それまでより混んできていて、かなり密着状態になっていました。
「しまった」と感じました。その時、私は久しぶりに友人と会う事もあり、秋口だったので、
少しヒラヒラとした感じのミニのワンピース、軽くカーディガンを羽織っている服装でした。
腰をまさぐっていた手はミニ丈であることに気づいてそのまま指を忍ばせてきました。
びっくりしていたのと恐怖心で、男性の顔を見上げたりする勇気はありませんでした。
そして・・さっき見てしまった事が頭をよぎり、少し期待もしていました・・。
ふとももやお尻を触る手は優しくゆっくりゆっくりと動いていて、
触れるか触れないかくらいで、おまんこの所をすっとかすめていきます。
私はFカップなのですが、やっぱり胸元が開いていたせいか、もう一人は右側に立っていて、
脇の下あたりから大胆にもブラの中へ直接手を入れてきて、
思い切りおっぱいを鷲づかみにしてきました。私がまるで嫌がる素振りをしなかったためか、
3人いたと思われるうちの一人はあまり痴漢する気にならなかったみたいです(笑
二人に攻め立てられる事数分、私も自分が濡れている事に気づきました。
ふともものあたりまでジットリ湿ってきていて、少し恥ずかしいと思いました。



yneyey.jpg



ですがしばらくすると胸をさわっていた男性が乳首を執拗に転がし始めて、
そのとたんに私はあまりの気持ちよさに小さく息が漏れてしまいました。
一指し指でくりくりと乳首をいじりながら、思い切りおっぱいを握ったりしてきます。
普段なら痛みを感じるはずなのですが、この時は痛みなんてまったく感じませんでした。
そしてパンツの上からなでる程度だった後ろの男性の指がおまんこに進入してきたのです。
もう、拒むことが建前でしかないのが分かりきっているくらい濡れていました。
簡単に指が入ってしまい、同時に気持ち良すぎて腰がびくっとなってしまいました。
始めは感触を確かめるかのようにゆっくり中の方で出し入れされていました。
硬く勃起した乳首はきゅっときつく摘まれながら、ピンと弾かれてしまい、
何度も何度も繰り返され、その度におまんこはぐちょぐちょになっていき、
指を入れていた男性の指の動きはすぐに激しいものに変わりました。
そして、おっぱいは跡がつくくらい握りつぶされ、乳首をひねり弾かれ、
濡れ濡れになったおまんこは、ついに2本目の指の侵入を許してしまいました。
それからが大変でした。あまり興味を示していなかった3人目の男性が参戦してきたのです。
左側からおっぱいを弄られ、なんとおまんこにはその男性も入ってきました。
もう声を抑えるのもがまんできず、「う、ん、ふ、ふ、」と自分で抑えた口元から、
どんどん息が漏れてしまいました。おまんこに入ってきた指はぐちゅぐちゅと、
音が聞こえそうなくらいに中で動き、ふと指が抜けると、
もう一人の男性の指がまた2本ズンと勢い良くおまんこをこじ開けて掻き回しにきます。
私はずっと腰を反らしたまま、時折跳ねてしまう体を何とか抑えようと必死になってました。
そして誰が誰の手なのかわからなくなっていき、今度は後ろの男性が乳首を嬲り始めました。
両方のおっぱいを形が歪むくらい揉まれて、そして乳首を上に上に引っ張られ、
今度はそれまでおっぱいを触っていた男性が前からおまんこを撫で始め、
クリをぐりぐりと触ってきます。2人の男性もおまんこを攻めるのはやめませんでした。


←続きを読む前にポチッとお願い。
>> 記事の続きを読むのはこちらをクリック
2012'06'17(Sun)09:00 [ 痴漢・露出 ] CM12. TB0 . TOP ▲
痴漢さんや痴漢予備軍さんへ・・・ (痴漢の体験談)
asdfg.jpg



朝のことです。いつものように満員電車に乗っていた時、お尻に不自然な感触を感じました。
痴漢が手の甲を付けたり放したりしていたのです。痴漢には毎日会います。
でも、多くの場合は手の甲でお尻を軽くさわってくる程度です。
ときには手の平を向けて、押しつけてくることもありますが、そのくらいだと、
偶然だと居直られたら困るし、事を荒立てるのがおっくうなので、私も我慢しています。
でもその日の痴漢は、直ぐに手の平をお尻に這わせ、撫で回してきたのです。
明らかに痴漢行為です。私の身体は緊張で固くなり、頭の中はどうしようで一杯です。
ときどきこのような度を越した痴漢、と言うか、正真正銘の痴漢に遭遇します。
その時は声を上げて痴漢を駅員に突き出すとどうなるだろう、といつも考えてしまいます。
(本当は、そんな勇気はないけれど)。会社ではごく普通の真面目な会社員で通り、
家には奥さんと可愛いお子さんが待っている、そんな平凡なサラリーマンが、
ちょっと女の子のお尻に触ったがために、職を失い、人生はめちゃくちゃ。
罪もない子供達は飢えて泣き叫び、奥さんは無理心中を真剣に考える…。
そんな図式が、私の頭の中で展開します。これは多分、私だけの事でしょうが、
人間のクズにも等しい痴漢でも、その家族までもが路頭に迷うのではないか、
と、心配になってしまうのです。お人好しでしょうか。それとも、自分の勇気のなさを、
ごまかしているのでしょうか。とにかく、私は痴漢にされるがままになっていました。
行為がもっとエスカレートしたら、その時抵抗すればいい、と、自分に言い聞かせて。
そうしてると痴漢の手はますます大胆になり、お尻の丘をぐいっと揉んだり、
全体を大きく撫で回したりし始めました。やばいな、と、思いました。
と言うもの、その日の私は、かなり短いミニスカートに生足だったのです。
そんな格好で満員電車に乗るのは、痴漢して欲しい証拠だ、と、痴漢は言うことでしょう。
でも女には、いくら痴漢が恐くても、そういう格好をしなければならない時があるんです。



それが、私の場合、その日でした。一駅間(約5分間)、ずっとお尻を撫でられ、
揉みほぐされました。私の忍耐も、次第に揺らいできました。痴漢の手の平が、
お尻の肉に馴染んできたせいでしょうか、それとも、痴漢がそれ以上の行為に及ばないので、
気を許してしまったのでしょうか、とにかく私はついつい感じ始めてしまいした。
何かお尻がほんのり暖かく、妙に妙に心地よくて敏感になってしまったのです。
痴漢に触られて感じてしまったのは、これが初めてではありません。というより、
本気で触ってくる正真正銘の痴漢にかかると、情けないことに、私は大抵感じてしまいます。
でも、決して喜んでいるわけではありません。悔しさと、情けなさと、困惑と、
そしてほんの少し、もっとして欲しいと思う気持ちが入り乱れて、頭の中はパニックです。
それ見ろ、やっぱりもっと触って欲しいんじゃないか、と、痴漢の皆さんは言うでしょう。
でも、それは違います。感じてしまうのは、体の反応です。いくら屈辱的な状況でも、
或いは我慢していても、女の悦びを知らないわけではないから、どうしても反応します。
私だって、生身の女の子ですから。それに体が感じたらもっともっとと体が要求するのは、
仕方のないことです。女の子にだって、性欲はあります。性感を刺激されたら、
どんどん濡れてくるししたいと思います。でもここで言いたいのは、体と心は別って事です。
体がいくら悦んでも、心は喜んでいません。むしろ苦痛にさいなまれます。
途中駅での人の乗り降りにまぎれて逃げれば良かったのですが、電車が停車している間も、
絶え間なくお尻を刺激され続けていたので、私は動くことができませんでした。
それに、こんなにじっくりと時間をかけて愛撫されたのは、生まれて始めてで、
今つきあっている彼氏よりも、ずっとずっとテクニシャンでした。
電車が再び動き出すと同時に、痴漢の行為は第2段階に入りました。
背後から両手で腰を引き寄せると、自分の股間に私のお尻を押しつけたのです。
お尻の割れ目に棒状の感触がありました。不覚にも、ああっと声を出してしまいました。
顔から火が出そうでした。周りの人には気付かれなかったようですが。



←続きを読む前にポチッとお願い。
>> 記事の続きを読むのはこちらをクリック
2012'03'26(Mon)09:00 [ 痴漢・露出 ] CM5. TB0 . TOP ▲
映画館で興奮して・・・ (痴漢の体験談)
548322.jpg



先週の日曜日に強烈な体験をしてしまいました!週末は彼氏とデートしてエッチという、
そんなパターンが多いんですが、この日は私と同じ学校の友達2人と映画を見に行きました。
話題の映画なんですが、公開されてから何週間かたっているのでそれほど混んでいません。
座席の5~6割が埋まっているぐらいです。私たちは3人並んで座り、私は左側でした。
ミニスカートだったので、羽織っていたカーディガンを膝の上に置きました。
上演が始まる直前にまた人が入ってきました。私の左隣も空席だったのですが人が座りました。
男の人のようでしたが、全然気にしていませんでした。映画が始まってしばらくすると、
私の足に隣の人の手の甲があたります。気になりましたが、映画が面白くなって来たので、
放っておきました。すると男の手は手の平で私のナマ足に触り始めました。痴漢です。
私が放っておいたのをOKだと思ったのでしょうか?私はその時になってあわてました。
電車で痴漢されたことは今までにも何度かありますが、映画館では初めてです。
何より痴漢されていることを友達に気付かれたら、恥ずかしくてたまりません。
私はあわててカーディガンで痴漢の手を覆い隠しました。見られたく無かったからです。
でも男は誤解したようでスカートの中に手を入れ、パンティの上からアソコを触り始めました。
(そ、そんな)私は困ってしまいました。「痴漢です」と言うのは恥ずかしいし、
このまま触られるのもたまらないし、もうどうしたらいいのかわかりません。
今日はフレアのミニなので、見えた時のために可愛いデザインのパンティーを穿いてきました。
そのパンティーは薄手の生地なので、男の指の感触がはっきり伝わってきます。
(映画が終わるまでの辛抱よね)私は、痴漢の指を我慢することにしました
痴漢の指は最初私の割れ目の形を確認するように、どんどんとなぞっていました。
すごく優しい触り方でした。私は今の彼氏しか知らず、もっと乱暴な触り方をしてきます。
こんな優しく丁寧に触られるのは初めてで、自分のアソコが熱くなってきたように感じました。
そして私は思わず脚を広げ、男の指が動きやすくなるようにしてしまいました。
カーディガンの下ではスカートがまくられていました。男の指が私のお豆を探り当てました。
直接触られると痛く感じることもありますが、パンティーの上からだと気持ちがいいんです。



私はスクリーンをじっと見つめていましたが、ストーリーも何もわからなくなっていました。
友達に気付かれないように、荒くなってきた息を抑えるのがやっとの状態でした。
パンティーが気持ち悪いぐらいにどんどん濡れてきました。こんなの初めてです。
男はパンティの上ゴムの方から中に手を入れてこようとしました。さすがにそこまでされると、
手の動きが大きくなってしまいます。私はあわててカーディガンの上から手を押さえました。
男は私の気持ちをわかってくれたらしく、中に手を入れるのをあきらめてくれました。
それから男はずっとパンティの上から私のアソコを優しくかわいがってくれました。
後で考えると、そのままの状態で映画が終わるまで三十分以上触られていたことになります。
私はずっと快感を感じてはいましたが、イクことができないまま、生殺し状態でした。
映画がエンディングになりました。男はスカートから手を抜くと、私の手に紙切れを握らせ、
そのまま席を立ちました。明るくなって紙切れを見るとこの映画の次の回の指定席の券でした。
私はちょっとだけ迷いましたが、モヤモヤした気持ちには勝てませんでした・・・
私が指定席の券を見ながら席に着いた時には、もう映画館の中は暗くなっていました。
私の席の左隣には既にさっきの男が座っていました。私はスクリーンに顔を向けたまま、
さっきと同じようにカーディガンを膝の上に置くと、男の手がすっとスカートの中に・・・。
私は正直とてもワクワクしていました。男の指がピタリと止まりました。
さっきまでパンティのあったところに生地が無く、いきなり私の陰毛に触れたからです。
そうです、私はこの休憩時間の間にトイレに行ってパンティを脱いで来たのです。
パンティが濡れて気持ち悪いというのもあったのですが、それ以上に直接私のアソコに、
触ってもらってイキたかったからです。そんな大胆なこと、普段の私にはとてもできませんが、
この時にはもう普通じゃありませんでした。男はすぐにまた私の気持ちを見抜いたようです。
今度は直接私の割れ目やお豆を触り始めました。男のさっき以上の優しい触り方に、
たちまち私は濡れてしまいました。しかも今度は右側には友達もいません。
通路まで誰も座っていないのです。私は大きく足を広げ、椅子の背もたれに体を預けて、
男からもたらされる快感に浸ってると、男の指はとうとう私の中に入ってきました。



←続きを読む前にポチッとお願い。
>> 記事の続きを読むのはこちらをクリック
2010'04'26(Mon)09:00 [ 痴漢・露出 ] CM4. TB0 . TOP ▲
毎朝のように痴漢されてます・・・ (痴漢の体験談)
l1210476136_012490_000001.jpg



私は毎朝のように複数の痴漢から攻撃されています。彼らはまるでチームを組むようにして、
5~6人で私のまわりをガッチリと取り囲み、よってたかって私をなぶりものにするんです。
おっぱいは丸出しになるし、スカートは捲り上げられてパンティをずりおろされ……。
そんな格好ですから、声を上げてまわりに知らせることも出来ません。
ザーメンをかけられる日もあります。会社へ行く途中ですからどうすることもできず、
最近はかけられてもいいように着替えを持っています。肌に直接っていうこともありますから、
タオルとかも……屈辱的です。しかし、これも運命と思って諦めなければいけないのでしょう。
自らが招いたことだと、言えなくもないのです。もともと私は痴漢によって、
目覚めさせられた女なのです。まだ処女だった高校生の頃。電車通学でした。
同級生たちが次々と体験する中、私は少し焦っていました。彼氏もいないのに、
性欲だけは旺盛で、毎日オナニーにふけっていたのです。そんなある日、
通学電車の中で痴漢にあいました。満員電車で身動きがとれず、されるがままになり、
そのまま痴漢はエスカレートして、パンティの上から私のアソコに。
感じてしまったんです。アソコを触られて感じたんじゃありません。
痴漢が私の太ももを撫で回していたときから。痴漢されているということには、
嫌悪感を覚えましたが、触られているそこはとても気持ちが良く……。
きっと毎日オナニーばかりして自分で感度を開発してしまっていたんです。
こんな私でも障ってくれる人がいる、ということも私を感じさせていたのかもしれません。
拒否をするどころか、痴漢に触られたあそこは濡れ濡れでした。パンティを指で脇にどけられ、
強引に指を入れられました。痴漢も私もお互い不自然な体制だったと思います。
このとき、私はもう痴漢に協力していたのです。誰も気づいていないと思いますが、
誰かがこの様子を見たとしても、馬鹿なカップルが痴漢ごっこをしている……。
それぐらいにしか見えなかったのではないでしょうか。私はイカされてしまいました。
オナニーでは、そこまではやらなかったのです。得体の知れない感覚が近づいてくると、
いつもそこでやめていました。だって、自分でしてるんですから、やめられますよね。
イクという感覚を知るのが怖かったのかもしれません。オナニーに夢中になっている、
自分の最後の防波堤だったのです。そんな私が、ついにイッてしまいました。
友達は彼とエッチをしてイッたとかイクというのがわからないとかそんな会話をしています。
だけど私は、たった一度の痴漢でイッてしまったんです。



痴漢にあったのはそれが最初で最後でした。そして私は短大へ進み彼も出来ました。
ごく自然にエッチな関係にもなり、幸せな恋愛経験をしたのです。ただし、ただ一点を除けば。
私は彼とのセックスではイクことが出来なかったのです。痴漢にイカされて以降、
オナニーはとことんするようになりました。そして、必ずイッてました。
だから、イケない体質では決してないのです。でも、彼とのセックスでイケないと知り、
オナニーすることも怖くなりました。オナニーでイってしまえば「彼とのエッチではイケない」
ということが決定的になりますし、もしオナニーしてもイカないということになれば、
いつの間にか私はイケない体質になっていたことになります。それを知るのも怖かったのです。
私は痴漢の甘い手技を思いかえしていました。懐かしいです。思い出して陶酔してしまいます。
彼と別れた後、私は思いっきり一人エッチをしました。死ぬほどイキまくりました。
私は彼が下手だったんだと思うことにしました。こんな私に相性抜群の彼が出来ました。
就職してから2年目です。この彼氏がちょっと変態入ってまして。
といっても私にとっては、ということです。色々なエッチを楽しんでいる方にとっては、
ほんの初歩でしょう。色々な体位で2時間3時間は当たり前、体力を使い果たして、
グッタリしている私をそれでもなお責め続けるのです。気が狂いそうになるほどの、
快感に踊らされますが、意識は朦朧。それでもイッてしまいます。外が明るくなるくらいまで。
フェラも存分に教わりました。そのうちノーパンノーブラで外出させられたり、
外でエッチしたり。だんだん免疫が出来てくるというのか、エスカレートするというのか、
バイブを入れたままデートをして、彼が不意にスイッチを入れる、なんてことも日常に。
それまで、そういう話を聞いたり文章を読んだりすると、いいなあ、という気持ちの反面、
それはあくまでフィクションだからであって、現実に自分がすることを想像すると、
身震いするほどの嫌悪感が身体を駆け巡ったりしたものです。でも、今は、平気。
そしてそんなある日、彼から「痴漢プレイをしよう」と言われました。
高校生のときのたった一回の痴漢体験。あの戦慄が身体の中を駆け巡りました。
「まわりに気づかれたら恥ずかしいからほどほどにしてね」と言いながら、
私は身体が興奮してゆくのがわかりました。彼は同じ会社の先輩で、電車が一緒なのです。



←続きを読む前にポチッとお願い。
>> 記事の続きを読むのはこちらをクリック
2010'03'21(Sun)09:00 [ 痴漢・露出 ] CM0. TB0 . TOP ▲